顎関節症に自分で出来る改善法があった!

顎関節症に自分で出来る改善法があった!

顎関節症で病院に通ってるが良くならないという人必見!自分で簡単に出来て顎関節症改善に効果アリと注目のメソッドをご紹介します。

顎関節症を自宅で改善!経絡ヨガ

「口の開閉時に痛みが走る・・・」
「口の開閉時に音がなり、聞きづらい・・・」
と顎関節症の症状でお悩みではありませんか?

実は、病院に通わなくてもたった1回で顎関節症を和らげることができます。

「顔の歪みを直してスッキリさせたい!」
痛みや不快感から開放され、食事を楽しみたい」
もしあなたがそう思っているのでしたら、きっとこのサイトはお役に立てます。

顎関節症の症状とは?

顎関節症を自宅で改善!経絡ヨガ顎関節症の主な症状をご存知でしょうか?

代表的なものとして次の5症状があるそうです。

①あごが痛む
口の開け閉め、食べ物を噛むときなど、
あごを動かした時に痛むのが特徴だそうです。

②口が大きく開けられない(開口障害)
正常な人は縦に指三本分入る(40~50㎜)が、
指が2本程度(30mm)もしくはそれ以下しか入らない。

③あごを動かすと音がする(関節雑音)
あごを動かしたときに耳の前あたりで「カクカク」音がする。
「ジャリジャリ」「ミシミシ」といった音の場合も・・・

④噛み合わせに違和感がある
急に噛み合せが変わったように感じるときは
顎関節症のが原因で起きている可能性がある。

⑤口を完全に閉じることができない
あごの関節内の構造の異常のため上下の歯列の間に隙間ができて、
口が完全に閉じられなくなる場合がある。(まれなケースらしい)


多くの場合①から⑤の症状単独というよりはいくつの症状が複合
して現れるそうです。

また、頭痛・肩こり・腰痛など、全身の様々な部位に痛みや症状が
現れることもあるそうです。


顎関節症以外にもあご周辺に痛みが起きたり、顔に痛みを感じたり、
口が開けづらくなる病気もあるのでやはり、顎関節症かどうか判断
するには一度病院受診する必要はありそうですね。


⇒ 顎関節症を自宅で改善!経絡ヨガ


顎関節症と耳閉感

耳閉感とは、簡単にいえば耳がつまる感じのことです。

風邪をひいたときなど一時的になる場合は誰にでもあるそうです。

一般的には耳の異常にともなって現れる症状だといえます。


耳鼻科的要因で考えられる耳閉感の原因としては耳垢栓塞(みみあかのつまり)、
外耳炎、滲出性中耳炎などいくつか考えられるそうです。


ところが、顎関節症になっている場合でも、このような耳閉感が
現れるそうです。

耳と密接な関係にある、側頭骨という骨が顎関節症による炎症や、
顎関節の歪みの影響を受ける事で、耳閉感や耳鳴り・耳の痛み
などの症状が現れることがあるということです。


でも耳の症状なので、顎関節症かどうかなんて自己判断できる
ものではないですよね。


もし症状がある場合は耳鼻科を受診して検査してもらい、症状の
切り分けの上で、顎関節症の可能性が出てくるのだと思います。





耳の痛み、顎関節症のせい!?

顎関節症を自宅で改善!経絡ヨガ耳が痛かったり、耳鳴りがしたり、

耳の中の閉塞感を感じたりしたり・・・

この様な症状があった場合はふつうだと耳鼻科を受診しますよね。


ところが、耳鼻科的検査をしても異常が見つからない場合があると、
顎関節症の可能性が疑われるそうです。


「え、耳とあご・・・!?」


一見関係がないようで、耳と顎関節は近しい関係のようなのです。

何でも、顎関節症が原因で耳に異常が現れる理由として顎関節の炎症や
歪みがある状態で生活していると耳と密接な関係にある側頭骨にも
歪みが生じ、耳にも影響が現れてくるそうです。


もちろん、耳鼻科的な要因以外で耳に症状があらわれる病気は
自律神経失調症やうつ病など様々あるそうです。


顎関節症が原因かどうかは、歯科や口腔外科などを受診して、顎関節症の
検査を通して症状の切り分けをしてもらい判断してもらう方がいいですね。

⇒ 顎関節症を自宅で改善!経絡ヨガ


Copyright © 顎関節症に自分で出来る改善法があった! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます